教えて!住まいの先生

Q マンションのスケルトンリフォームをしました 床下の配管まで新しく交換しました しかしスケルトンリフォームしてる家はほとんどなく普通のリフォームで配管はそのままの家が多いです

うちは築30年なので配管交換していますが同じ様な築年数で配管を変えていない家はそのままで大丈夫なんでしょうか
配管が傷んで下の家に迷惑をかけたりしないのでしょうか
なぜ配管を交換せずにリフォームする家がほとんどなのかわかりません
質問日時: 2024/5/30 12:26:42 解決済み 解決日時: 2024/6/3 19:46:12
回答数: 2 閲覧数: 103 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/3 19:46:12
給水や排水管ならまだ30年なら問題は起きにくいのですが
給湯の配管に銅管が使われている場合、劣化や亀裂により
漏れが発生することがあります。
実際に何件か給湯の配管による漏れの修繕を行ってきましたが
その多くは銅管でした。
ただ大きな漏れで発見できない、壁や床下の配管の漏れは確認が難しく
漏れと言っても染み出す程度の漏れである場合は水道メーターでも確認できない
ぐらいなので、大きな漏れが起きない限り発見出来ないことが多いのです。

配管を交換せずにリフォームする家が殆どとはどこの情報でしょうか?
集合住宅であれば大規模改修などで共用部の配管のやりかえを行うことはありますが、個別の宅内においてはその方の所有物のため、その人自身が
行う必要はありますので
その人がどの程度の改修工事をするかに依って配管まで出来る出来ないがあります。
予算が決まっている場合は器具の交換のみもあります。
実際に漏れてから対応する方が殆どというのが、その回答になります。

戸建て住宅等も何か問題があってから修繕依頼をする方が殆どで、何か起きる前に予防する、リフォームする、メンテナンスする方は、ごく少数ですね。

人間で言うところの病気になってから治療する方が多いのと同じで、病気にならないように予防する、人間ドッグを受ける、病気にならない身体づくりをする方が少ないのと同じではないでしょうか。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/30 16:37:24
分かっていないのか、業者からアドバンスが無いのか、資金が無いのか、どれかですね。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information