教えて!住まいの先生

Q 家のマンションで、ある工事会社による破損行為がありました. 不注意によるミスです。 しかし、その部分は元から壊れていた。 と、され、管理組合が修理費用を支出しています。

先日、通常総会があり、詳細を確認したところ、
元から壊れていた写真はなく、
管理人が元から壊れていたと、言っていた。
と、聞いただけで、送金しています。
証拠もないのに、訳がわかりません。
監査は問題なく終えた。 と、言っていますが
だれも、現場をみてい増せん。

正しい支出とは、言えないように思います。
質問日時: 2024/6/3 23:24:52 回答受付終了
回答数: 3 閲覧数: 56 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/4 19:32:28
こんにちは。都内で不動産経営をしている者です。

1)まともな工事会社なら「総合工事保険」に加入していますので、管理組合の理事長が工事代金を支払う前に、工事の検収段階で問題にしていれば、もしかしたら保険での処理になった可能性もありますね。

2)ただ、管理組合と工事会社は利益相反の関係なので、双方の言い分が平行線になる場合もります。通常、管理会社は管理組合が発注者なので、管理組合側につくのですが、実際は工事会社から工事の紹介料を受け取っている可能性もあり、その場合は工事会社に都合の良い証言をする可能性も否定できません。

★しかし、管理組合の他の理事や住民が、➀以前は壊れていなかったこと、②工事会社が壊したこと、について証拠を提示できる場合は、今からでも工事会社への請求は可能だと思います。証拠がない場合は、工事会社への請求は難しいと思いますので、今からでも証拠を提示できるか、管理組合で話し合ってみてはどうでしょうか? 第三者(工事会社)を犯人扱いするにも証拠が必要ですので。

以上、ご参考になれば幸いです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/3 23:25:10
この状況は、中古マンションの管理組合としては問題があると言えます。証拠がないまま修理費用を支払うのは適切ではありません。管理組合としては、工事会社に対して破損の証拠を求めるべきです。また、監査が問題なく終わったというのも疑問です。現場を確認せずに監査を終えることはできません。この問題を解決するためには、管理組合の運営について再評価し、必要ならば改善策を講じるべきです。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/3 23:25:02
・管理組合の支出については、適切な手続きと証拠に基づいて行われるべきです。
・工事会社による破損行為の事実関係を明確にし、写真などの客観的な証拠を確認する必要があります。
・管理人の発言のみで支出を決定するのは適切ではありません。現場の状況を直接確認し、修理が必要か否かを判断すべきです。
・監査が問題なく終えたとしても、支出の正当性に疑問がある場合は、再度監査を求めるなど、組合員として権利を行使することが重要です。
・今後、同様の事態を避けるため、管理規約の見直しや、支出決定プロセスの改善を検討することをお勧めします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information