教えて!住まいの先生

Q 雨漏り修理 見落としで請求はできますか?

昨年、戸建ての自宅の天井から雨漏りが発生したため、業者さんに修理をお願いしたところ、なかなか原因箇所が発見できずにいました。すると、「屋根に原因があるかもしれないが、調査には足場をかける必要がある」と言われました。足場となるとかなり費用がかかるので迷いましたが、これで雨漏りが直るなら、と思い、依頼しました。その後、一応雨漏り箇所も特定し、修理をしてから、散水調査にて漏れ水が無くなったことを確認して、100万近く払って終了しました。
ところがつい先日、また雨漏りが同じ箇所から発生したしました。本当に、全く同じ所からの雨漏りだったですし、修理してたった数ヶ月だったので、これは業者側の不備なんじゃないかと思い、すぐに修理した業者に確認してもらったところ、「うちでやったところは問題ない、また調べるなら新しく依頼してください」、と言われました。そちら側に見落としがあったんじゃないかと言いましたが、「問題ない」の一点張りで、全く相手にされませんでした。また新しく依頼するにも安い金額ではないので、少し様子を見ていたのですが、また別の日に再び雨漏りしてきたので、今度は別の業者に頼んだところ、あっさり雨漏り箇所が見つかりました。足場をかける必要のないところでした。
新しい業者に、最近できた雨漏り箇所なのか聞いたところ、「水が漏れてくる通り道も古いから、これは随分前からあったところだと思う。」と言われました。
これは明らかに最初に依頼した業者の見落としだと思うんです。足場もかける必要ないのに余計費用がかかりましたし。かなりショックでした。
こちら、何とかお金返してもらえないですかね?全額は無理でも、せめて今回明らかになった原因箇所の修理代くらいは返して欲しいです。法律に詳しい方、教えてください。
質問日時: 2024/6/13 14:23:43 回答受付終了
回答数: 5 閲覧数: 100 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

5 件中、1~5件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/13 17:26:13
法的には、返金させるためには、質問者さんが以前の業者の瑕疵を証明する必要があります。
・原因の特定についての不備
・修理の方法についての不備
できますか?
できる様なら、裁判で決着するしかないです。

私は、この様な業者を、つぎつぎに修理を迫る「雨漏りのつぎつぎ業者」と呼んでいます。
雨漏りの原因特定の能力がないのです。
知恵袋でも、雨漏りは一回では直らないなどと言いながら、つぎつぎに雨漏り修理をやるのを仕方ない事としている回答者もいます。
これが原因だろうくらいで修理をして、確認の散水試験などをやってみて直ったと思い込むんですね。
しかし、強い風を伴った雨などは、散水試験などでは再現できない事も多いのです。

前の業者もとんでもない業者ですが、今回の業者がどうかは分かりません。
・築何年でしょうか?
・屋根材の種類は何ですか??
・小屋裏から観察して水染みは見つけたようですね
・その水染みの原因は何だと言っているのでしょうか?
・どういう方法で直すのでしょうか??
・直ったとする確認は何をどうして確認とするのでしょうか???
・保証はどうなりますか????
以上の疑問点に質問者さん自身が他人に説明できる様な説明が業者からしてもらってない限り、Goはまだです。
返金など遠い話です。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 17:13:08
見落としたのではなくて、はじめに工事した会社は「分からなかった」のでしょうね。明らかな技術力不足であるとは思いますが、工事代金の返金要求をしても返してもらうのは本当に難しいです。
ちなみに、どんな業者ですか?工務店?リフォーム店?雨漏り専門とかでPRしている会社?

契約内容を精査して、工事内容が契約にあっていないことを証明出来れば契約不適合があるとして返金も要求できますけど、それには契約不適合があることを立証しなければなりません。立証するためには、その問題に関する法的な知識と建築の知識の両方が高いレベルでないと難しいと思いますので、費用を考えると諦めた方がよいかもしれません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 14:55:39
雨漏りの原因を前の業者が作ったわけではないので無理ですよ。
単に能力が低かったと言うだけですので。

まあ、実際には原因箇所が特定できていないのに、壊れてもいないところを修理したふりだけして…なんて話なら詐欺なのでもちろん返金を求めることが出来ますが、そこは立証不可能でしょうしね。
実際前の業者が修理したところが直接の原因じゃなかったとしても、壊れてはいたのであれば、騙したわけではないですから。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 14:29:40
お気持はわかりませんが。
金額等の一部回収でも難しいです。
工事の発注、契約、工事完了(検収)、お振込み。終えてますから。

まして、その業者は素人ですよ。
詐欺まがいの工事業者ですから。

雨漏りって、原因究明されないと見積作成できませんよ。
それなのに、足場作って???
それ以前に、天井入って、漏水の流れを見れば、一目瞭然ですよ。

最近のリフォーム業者と同じ手口です。
正当な業者なら、少なくても1年間ぐらいは様子みますよ。
もちろん何かあれば、無償対応します。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 14:25:08
見落としたのを証明できるなら請求は可能
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

5 件中、1~5件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information