教えて!住まいの先生

Q 離婚時の財産分与についてご質問です。 土地と戸建て住宅を2年前に購入し、離婚するので査定が必要となっています。 住宅ローンはあと33年残っています。(当方名義となります)

当方は住み続けるつもりでおります。

不動産鑑定士にお願いするか、不動産屋の査定をお願いするか、査定額は傾向としてどちらが安い、高いなどあるのでしょうか?

また、大手の不動産屋か地元の不動産屋かでも、傾向としてどちらが査定額が安いなどありますでしょうか?

住み続けるため、査定される額は安い方が有利という理解でおりますが合っておりますでしょうか?

申立人側からの指定は今のところ特にありません。

ご教授頂けますと幸いでございます。
何卒宜しくお願い致します。
質問日時: 2024/5/24 16:11:40 解決済み 解決日時: 2024/6/1 11:32:25
回答数: 4 閲覧数: 254 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/1 11:32:25
建築設計不動産業者です。
破産管財人からの査定や弁護士事務所からの査定の依頼もあります。
破産管財人からの不動産業者への査定の依頼は2社から査定を取ります。
殆どは不動産業者からの査定でいいです。概ねの査定価格がわかればいいのです。査定費用は私の場合で5万円です。地域の不動産業者もほとんどが5万円前後で査定します。図面がなくても平面図などは要求されません。文書にて概ねの土地建物の査定を書面化するだけでいいです。私の場合は建物平面図と重説に近い内容の査定書を作成しますが、不動産業者の場合は題名「土地建物査定書」で簡単な文面に土地は○○○万円、建物は○○○万円と記載するだけです。それで何か指摘されたことはないです。
色々と回答がされていますが実体の査定事情とは乖離があるように思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/25 10:34:50
(元)不動産会社経営の宅建士です。
離婚する際に、なぜ「査定」などが出てくるのですか?
もし、査定額を分配など考えているなら、後刻のトラブル発生の原因ともなりますよ。

そして、住宅ローン返済中の離婚であれば、これは家庭裁判所の調停離婚をすることをお勧めします。
なぜなら、「財産分与」として、どちらかを単独名義にする場合など、調停離婚の結審でなければ銀行は受け入れないからです。
最悪は「契約違反」として一括返済を求められます。

仮に、夫名義→妻名義に変更、となれば、通常の正常な結審でしょう。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/24 19:43:58
離婚するので査定が必要
当方は住み続けるつもり

⇒ とすれば、あなたとしてはなるべく低い評価額、あちらはなるべく高い評価額にしたい、ということになりますね。
別に高いお金をかけて正式な査定・鑑定をしなくても、不動産屋さんの「簡易評価」を使う方が現実的です。
よくあるのは、双方が3社程度ずつ評価を依頼して、その金額を平均するなりして、「この程度の金額」として合意するものです。
まあ簡易評価ですから、出てくる評価額は(頼み方もありますから)かなり幅が出ますが、そこをどう調整するか、ということかと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/24 19:27:13
売却予定がないなら、不動産鑑定士に依頼することになります。
不動産会社は売却予定でなければ、査定はできません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information