教えて!住まいの先生

Q 自宅屋根に太陽光パネルを載せて発電所を開業するまでに太陽光パネル以外に必要なもの、変圧器等、電力会社との契約など、ハード・ソフトでそれぞれ必要なものについて教えてください。

質問日時: 2024/6/5 17:54:45 回答受付終了
回答数: 2 閲覧数: 18 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/5 17:55:04
太陽光パネル設置には以下のものが必要です。

ハード面:
1. 変圧器:太陽光パネルからの直流電力を交流電力に変換します。
2. 配線・接続部品:パネルと変圧器、家庭の電力網とを接続します。
3. ブレーカー:過電流や短絡を防ぎます。
4. メーター:発電量を計測します。

ソフト面:
1. 電力会社との契約:売電するためには電力会社との契約が必要です。
2. 設置許可:地方自治体によりますが、設置許可が必要な場合があります。
3. 保険:設備の故障や自然災害に備えて保険に加入することを検討してください。

これらは一例で、具体的な設置状況により必要なものが変わる可能性があります。専門家に相談することをお勧めします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/5 17:55:02
自宅に太陽光発電所を開設するには、以下のハードウェアとソフトウェアが必要になります。

■ハードウェア
・太陽光パネル
・パワーコンディショナー(インバーター)
・配線
・開閉器
・接続箱
・基礎工事(パネル設置用)

■ソフトウェア
・電力会社との売電契約
・設置工事業者との契約
・維持管理業者との契約
・系統連系保護装置の設定

太陽光パネル以外に、パワーコンディショナーは発電した直流電力を交流に変換する重要な機器です。配線や開閉器、接続箱なども適切に設置する必要があります。

電力会社との売電契約を結び、系統連系保護装置の設定を行うことで、発電した電力を電力会社の系統に供給できるようになります。設置工事や維持管理業者との契約も重要です。

発電所開設には多くの手続きと設備が必要ですので、専門業者に相談されることをおすすめします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information