教えて!住まいの先生

Q 離婚に向けての財産分与について教えて頂けませんか。(持家の件) 5200万の家を約1年前に購入しました。 頭金で300万支払い済。 残りの4900万を共同ローンで組んでいます。

夫3分の2(3000万)
私3分の1(1900万)
となります。
そこで夫が家に住み続ける事になりました。
なので家の残価が現在いくらかは不明ですが4000万と仮定した場合に
残価を半々に受け取り2000万ずつ。
次に負債4900万を半々で2450万ずつにした場合は
私側は残価を差引いた450万の返済のみで基本的は良いと思ってます。これは私個人の考えなのですがどこか不自然なとこや間違えてる所はありますか?


次に夫の主張としては頭金300を半分と価値の下がった900万の半分を折半との事で600万払って欲しいとのことでした。

どちらが正しいのか分かりません。

どなたか教えて頂けませんか。
質問日時: 2024/6/12 23:23:25 解決済み 解決日時: 2024/6/13 10:44:11
回答数: 4 閲覧数: 138 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/13 10:44:11
売ったお金を折半するのではなく利益を折半になります
負債も折半になりますので、この場合は900万不足する計算になるため
双方450万ずつの負債となります

次に頭金ですが、こちらは誰のお金なのでしょう?
結婚後の貯蓄であれば共有財産ですが、独身時代のお金であれば別途返済する必要があります

夫の個人資産であった場合は、夫に300万返す必要がありますので合計750万の支払い
妻の個人資産であった場合は、妻に300万返す事になるため、150万の支払いです(450万-300万)
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/6/13 10:44:11

参考になりました。ありがとうございます。

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/13 09:57:32
財産分与は「名義の如何に関わらずすべての財産を合算」して、その結果がプラスになればそれを半分、ということになります。
このケース、他に財産が無ければプラスになりませんから、『分けるべき財産無し』ということになって、負債はそれぞれが引き続き負うということになります。
負債はそれぞれが負う、ということですから、売却したら売却損をローン負担割合で按分する、ということになるでしょう。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 09:04:01
1KARE0T

>不自然なとこや間違えてる所はありますか?

財産分与で折半するとして、家と住宅ローンダケで考えた場合、、、
「夫の主張としては頭金300を半分と」と言う文面的に、頭金は夫の特有財産とすると。

300/5200=5.76%
現在価値に換算して、4000*5.76%≒230万は夫の特有財産ですので、財産分与から除きます。

4000-230=3770万が家の共有財産分

家3770万と債務4900万で、マイナス1130万
夫が家を取るなら、妻が1130/2=565万を夫へ支払かと。

頭金が妻の特有財産なら、妻が夫へ265万を支払かと。

弁護士等に相談してください。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/12 23:37:11
ローン残はほとんど減ってないでしょうね。

すると家の価値はゼロですから、他に調整すべき共有財産もないとすれば、住み続ける人がローンを全部引き受けておしまいじゃないでしょうか。

ただ、銀行がそれを許さないでしょうから、任意売却することになりましょう。頭金を夫の特有で払っているんでしょうかね。かといって銀行が調整に応じないように思いますから、均等にローン残を返済し続けるんじゃないでしょうか。
  • 参考になる:2
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information