教えて!住まいの先生

Q 耐力壁に構造用合板かノボパンなどの耐力面材だと耐震性はどのくらい差が出るのですか?

質問日時: 2024/6/13 14:41:04 解決済み 解決日時: 2024/6/15 07:58:11
回答数: 3 閲覧数: 34 お礼: 25枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/15 07:58:11
☆、質問の材も建築基準法第37条の建築材料の認定で、建設省告示S56-
第1100号の何れの倍率となるかで異なるだけです。耐震性は基礎の地盤
支持層と木造構造の耐震筋かいの充足率と偏心率とを設計者がつり合い

が大切です。その安全率の次第での差が大切です。故に、ただ単に筋かい
の倍率だけで、質問の建材も言えないはずです。その点を建築士の設計者
へ確認をされれば、大工職人達よりは、法的に明確となりよいと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

回答

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/13 14:41:15
構造用合板とノボパンでは、耐震性に差が出ます。構造用合板は、木材の繊維方向を交互にして接着し、強度と剛性を高めています。一方、ノボパンは、木材を微細に砕いて接着剤で固めたもので、方向性がなく、強度が低い傾向があります。そのため、耐震性能は構造用合板の方が高いと言えます。ただし、耐震性能は材料だけでなく、その使用方法や建物全体の構造にも大きく影響します。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 14:41:13
耐力壁の耐力面材として構造用合板とノボパンを使用した場合、耐震性能にはある程度の差が生じます。

・構造用合板は木質系の面材で、せん断耐力が高く、変形能力にも優れています。このため、地震時の水平力に対する抵抗力が高くなります。

・一方、ノボパンは繊維板で構造用合板に比べると剛性が低く、変形能力も劣ります。そのため、地震時の水平力に対する抵抗力は構造用合板より低くなる傾向にあります。

ただし、耐力面材以外の要因(壁量、開口部の配置、接合部の設計など)によっても耐震性能は大きく変わるため、単純に面材の違いだけで一概に耐震性能を判断することはできません。適切な構造計算と設計を行うことが重要です。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information