教えて!住まいの先生

Q 元々田んぼだった土地でも地盤改良をしっかりすれば問題ありませんよね? 問題があるという人は何を根拠に言ってるのでしょうか。何かデータでもあるのでしょうか。単に田んぼのイメージで話してるだけですよね。

元々田んぼの土地に家を建ててる人はごまんと居るし、問題あるようなら社会問題化してると思います。
質問日時: 2024/6/13 20:08:50 回答受付終了
回答数: 3 閲覧数: 27 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/15 19:06:01
土って難しいんです。地盤改良ってどのくらいの深さまで?という問題があります。支持地盤まで届く杭を打つこともあります。いろいろ手を尽くしても液状化現象が起こります。
土木構造物には大きな仮定があります。土質力学の書籍の1ページ目には地盤は無限弾性体と書かれています。これが仮定なんです。ウソなんです。こうしないと各種設計が出来ないのです。
回答でなくてすみません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 20:09:02
元々田んぼだった土地でも、地盤改良を適切に行えば住宅建築は可能です。ただし、田んぼの土地は水分を多く含むため、地盤沈下のリスクが高いとされています。また、地盤改良にはコストがかかります。問題があるという意見は、これらのリスクやコストを考慮に入れた上でのものかもしれません。それぞれの土地の状況によりますので、専門家の意見を求めることをお勧めします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/13 20:08:59
元々田んぼだった土地でも、適切な地盤改良工事を行えば住宅地として利用できる可能性は高いと考えられます。しかし、以下のような点に注意が必要です。

・田んぼの土は粘土質で排水性が悪いため、地盤改良工事で十分な排水対策を行う必要がある
・田んぼの土は有機物を多く含むため、地盤の沈下が起こりやすい。十分な締固め工事が必要
・田んぼの土は軟弱地盤となりやすいため、基礎工事で十分な支持力を確保する必要がある

このように、田んぼの土地を住宅地に利用する際は、適切な地盤改良工事が不可欠です。工事費用がかさむ場合もあり、コストと工期の観点から慎重に検討する必要があります。一方で、多くの住宅地が元々田んぼだった土地に建設されていることからも、適切な対策を講じれば問題なく利用できることがわかります。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information