教えて!住まいの先生

Q 不動産の売買について質問です。

(私は購入者です) とても気に入った物件があり(2ヶ月売れ残っていた物件)そちらを購入することになったのですが、不動産売買契約(印鑑を押し手付金を払うタイミング)の当日に、担当頂いていた某大手仲介会社から別の方で私よりも多くの金額をキャッシュで払える人が出てきた(私は多くをローンを組む予定で事前審査までは通っていました)のでそちらで進めさせてほしいと言われました。当日中(2時間後くらい)に株などの解約で競合の申し込み者さんと同じ条件で購入が出来るとお伝えしたのですが、驚くことにもう競合の方と契約が進み、本日中に契約をする予定なのでもう間に合いませんとのことでした。
(仲介会社として契約日当日にキャンセルし、別の方と同じ日に契約を結ぶことなどあり得るのか?事前に用意していたのでは?と不快に思いました。)
納得がいかなかったので仲介会社に質問をしたところ、契約にサインをする前であればこちらに非はないの一点張りでした。
私自身、あまり不動産に関して知識がないので、そういうものなのか、、、仕方がないと食い下がりました。
ただ、こちらとしても会社からの紹介状(手数料が割引されるとの案内を仲介から受けました)、財形貯蓄や株の解約(キャッシュでの購入部分を増やすため)手付金の準備、収入印紙の購入、印鑑証明等色々準備をしました。
法に問われないといえど、この様なことは不動産業界的にはあり得ることなのか。。(不動産って信用第一だと思ってたのでかなり驚きました)加えて、特に収入印刷での実費が悔しく、収入印紙の実費請求をしようかと考えているのですが取り合ってもらえるものなのでしょうか。
その仲介会社が大手なので、お客様相談室に経緯と共に投げかけてみようかなと思ったのですが一歩間違えればクレーマーになってしまうのかなと不安に思っており留まっています。
私が不動産知識がないために、私のこらからの行動が非常識なものでないか、行動を起こす前に不動産知識のある方に伺いたいです。
質問日時: 2024/5/29 02:41:16 回答受付終了
回答数: 4 閲覧数: 70 お礼: 50枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/30 10:42:56
現役不動産営業マン(宅建・二級建築士・FP資格あり)です。

残念ながらその仲介会社に法的責任はありません。
※個人的にはあなたの心情に深く同意します

逆に言うと、買主であるあなたも契約書にサインするまではいつでもキャンセルできるので、どちらが有利ということもないです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/29 08:32:40
それは腹が立つでしょうし、その仲介会社は信じられないいい加減さです。
おっしゃるように相手方は信義に反する行為をしています。
確かに契約前ですが、契約するという前提で進めていたわけですから、契約予定の当事者には信義に則って行動する義務があるとされています。
いわゆる「契約締結上の過失責任」です。実費分の損害賠償請求は可能かと思います。

当然、本社にクレームを入れるべきだと思います。
しかし契約当日にスイッチするなんて、信じられない話です。
大手といえど、ヤバイ会社(支店)ですね。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/29 06:32:30
まぁ、誰に売るかは売主の勝手ですからね。

バブルの頃はよくあった話です。
こっそり袖の下渡されたりね。
売主が売らんと言えばそれまでですよ。
契約前なら仕方ないです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/29 04:24:38
まぁその業者の対応とタイミング、そして確かにいささか
「当日中に契約が終わった」という部分は不審がぬぐえませんが
多分ですが、終わった事にして完全にあなた側を断ろうとする手法かな?
とは考えます。

理由は分かりませんが・・

しかし、残念ですが契約前の段階の「いきなりキャンセル」に関しては
法的にはどうしようもない部分も有ります

私たち業者側も今まで逆のケースで、「買主側から当日の朝に
一方的なキャンセル・断り」を入れられたケースは山ほどあります
【親戚知人に相談したら良い回答で無かった】【急に怖くなった】
等々の理由で・・

しかし、業者側もそこまで色々動いたりして労力は掛かってますし
マンションなどの場合は管理会社に最新の「重要事項調査報告書」を
費用をかけて取得していたり、実費と実務の労働力の部分での
お金は掛けています・・それを当日に断りが入ると、本当につらいものです

ですので、あなたのお気持ちも十二分に理解できます・・
がしかし、やはり法律上「契約前の申し込みの段階」でのキャンセルは
双方に何かしらの罰則を要求してもまず通らない、裁判所に持ち込んでも
勝つ見込みはまずあり得ない・・というのが現実です

大手の相談室など何も役に立ちません・・特に大手は
あなたに売らずにその他人に売ることで、営業マンもしくは会社に
その方が何かしら利益が大きい・・での、大手は社員の方を守ります
法律に触れているような事でも無い限り、営業所・営業マンを
本社は守りますので、口先だけではすみませんでした・・と言うだけで
結果は何も変わらないと思います・・それでもキツク色々言ったとしたら
今度は強力な顧問弁護士が登場して、逆に追い込まれたりしますから
何もしない方が賢明かと思います・・・

大手はホント厄介ですよ、一度的に回したら、全力で社を上げて
顧客の一人くらい簡単にひねりつぶしてきますから勝ち目は有りません
まだその辺の地元で細々やってる中小の社長何かの方が可愛いもんで
融通は利きますし・・w
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information