教えて!住まいの先生

Q 不動産売買について質問です。 三為取引であれば宅建業者との契約になるので契約不適合責任の免除はできない、ということが調べてわかったのですが

特約にシロアリ、雨漏りetc...の費用負担は全て買主負担で売主に請求しません。ということが書かれていました。
これでは実質契約不適合責任の免除に相当し、ほとんど言葉を変えたに過ぎないと思うのですが…契約不適合責任の免除という言葉ではなく個別に指摘すれば結局それらについて効果を発揮するのでしょうか?
それとも宅建業者においては特約で指定したとしても後から見つかった瑕疵についての責任は有効ですか?
質問日時: 2024/5/31 12:41:04 解決済み 解決日時: 2024/6/8 01:05:30
回答数: 2 閲覧数: 73 お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/8 01:05:30
買主が無知であることを理由に、相当見下した契約ですね。

買主負担で売主に請求しません
これが、①無効となり、売主の契約不適合責任が発見から1年となるのか、
②追完、代金減額、契約解除、損害賠償請求等は有効なのか、
法的解釈により見解が異なる可能性があります。

いずれにしろ、売主業者は、瑕疵の責任を負います。逃げられません。

逃げる場合には
①雨漏りあり シロアリ被害あり 給排水管故障あり と現時点で瑕疵がありと契約する場合のみです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/31 16:34:31
売主(中間者B)が宅建業者の売買取引と思われますが、その特約は無効です。
売主が宅建業者である限り、いかなる契約不適合責任からも2年は免責にできません。
免責にできる場合はその瑕疵が既に事実として発生しており、売主から買主にその瑕疵を説明し、それでも買主が現状のまま引渡しされることを承諾した場合のみです。
仮にあなたがその契約書に納得してサインしたとしても、後から無効にすることも可能なぐらいのド素人が作った契約書に等しいです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information