教えて!住まいの先生

Q 中古物件の減価償却の計算方法はどうやるんですか?

質問日時: 2024/6/9 00:14:20 解決済み 解決日時: 2024/6/9 00:16:08
回答数: 3 閲覧数: 23 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/9 00:16:08
一見すると耐用年数の長い新築が税金対策上では有利に見えますが、中古物件の場合、減価償却費計算時は(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×0.2と定められています。 例えば、築20年の木造の場合は(22ー20)+20×0.2=6年ということになります。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:1
  • 感動した:1
  • 面白い:0

この回答が不快なら

回答

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/9 00:14:35
中古一戸建ての減価償却の計算方法は以下の通りです。

1. 建物の取得価格を確認します。
2. 建物の耐用年数を確認します。木造は22年、鉄骨造や鉄筋コンクリート造は47年が一般的です。
3. 取得価格を耐用年数で割ります。これが1年間の減価償却額となります。

例えば、木造の中古一戸建てを2000万円で購入した場合、1年間の減価償却額は2000万円÷22年=約90.9万円となります。

ただし、この計算はあくまで一般的なもので、具体的な計算は税理士などの専門家に相談することをお勧めします。また、減価償却は税法上の規定に基づくものであり、実際の建物の価値や状態とは必ずしも一致しないことをご理解ください。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/9 00:14:30
中古物件の減価償却の計算方法は以下の通りです。

・取得価額から残存価額を差し引いた金額を、耐用年数で割ります。これが1年間の減価償却費となります。
・取得価額とは、中古物件の購入価格に付帯費用(仲介手数料など)を加えた金額です。
・残存価額とは、建物が経年劣化した後に残る価値のことです。通常は取得価額の10%程度が目安とされています。
・耐用年数とは、建物が使用可能な年数のことで、木造住宅の場合は22年、鉄筋コンクリート造りの場合は47年が一般的です。

例えば、取得価額が1,000万円、残存価額を100万円、耐用年数を22年とすると、
(1,000万円-100万円)÷22年=40万9,090円が1年間の減価償却費となります。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information