教えて!住まいの先生

Q 建築士による、仕様の説明不備について質問です。 セミオーダーで設計の打合せを経て、先日完成しましたが、 引渡し前の内覧会の際に、ガレージと玄関ポーチの軒天部分に

10cmほどの段差があることがわかりました。

その段差は、梁の太さの違いによるもので、設計図にも記載はされていました。

ただ、建築士もそこに段差が出来ることに気付いていなかったようで、
その旨の説明はなく、
段差部分に貼られたサイディングの色についての質問も受けておりません。

サイディング色は変更しますとの事ですか、それは当然の事で、
そもそも想像と違う仕上がりになったことに対し、
説明が漏れてしまいすみません。の謝罪のみの状況です。

一生の買い物のため、後悔したくないので下記パターンで交渉できないものか考えておりますが、現実的に可能性のあるものがあればご教示いただきたく質問させていただいております。

①建て直し
②一部改築
③減額もしくは追加オプション工事など折衷案
質問日時: 2024/5/1 15:15:45 回答受付終了
回答数: 10 閲覧数: 377 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

10 件中、1~10件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/3 17:24:48
確かにそこはフラットの方がかっこいいので残念ですね。
こういった意味のわからない段差は気持ち悪いですが、意味を持たせるとたちまち良くなりますよ。
段差部分に少し造作を加えて間接照明を仕込むとか、段差側面にダクトレールを付けてフックで花やフェイクグリーンをかけるとか(^^)

>設計図にも記載はされていました。
最終図面に記載がありサインしたのであれば、もうそれだけで勝てないです。
だからこそ最終図面は、隅から隅まで、どんなに細かい数字をも、意味がわからないなら調べてでも、頭が痛くなるほどよく確認をしたものです。それでもありました。この仕上がりは聞いてない、説明を受けていない、打ち合わせと違う、というようなことが。しかし図面通りですから、争っても無意味です。

>説明が漏れてしまいすみません。の謝罪のみの状況です。
謝罪があっただけでも、真心のある担当者さんですね。義務はなくとも、もしかしたらその真心で、③の値引きやおまけくらいはしてくれるかもしれませんね。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/2 12:35:07
建物として合理性を欠いているものではありません。対策をするにしても軒天と色を揃えるくらいが妥当なのかではないですか。説明不足で妥当性を疑うなら民事裁判に訴えるしかないでしょう。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 20:19:02
最終確認の図面、仕様書を確認しましょう。
図面なりなら、何も出来ないです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 18:05:56
設計図に記載されてるなら普通に建築士の説明不足なだけではないかと思います。
気が付いてなかったとかじゃないのでは?
家建てるってHM側からしたら当たり前も施主からしたらわからない、建ってからはじめてわかるなんてことはまぁまぁ聞くことかなと思います。

サイディングの色変更してくれるならそれで終わりかなと思いますが、いうだけはただなので一番大きな話からして、妥協案を出してみる程度ですかね。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 17:04:15
収まりとしては問題ないと思います、色を玄関の黒にするか、白にするかの違いです。選択肢の1、2、3どれもあり得ないです、色変更のみでしょう
セミオーダーってどこまでオーダーできるのか分かりませんが、説明不足とまでは言えないと思います。
  • 参考になる:3
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 16:59:27
セミオーダー=規格・企画住宅って事かな?
そうであればそういう仕様になっており、単なる設計士の説明不足なだけで何の補償や補填も受けられないのが通常です。
①は問題外、②もまずあり得ない、相手が弱気ではじめて③で交渉出来るって感じでしょうか。
段差の白いサイディングの部分、通常は外壁色と同じサイディングで納めますので建築会社側としてはこれで正解です。
よくて扉まわりのブラウンのサイディング使う程度ですね。
  • 参考になる:3
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 16:38:08
たまに建築中の我が家を見学に行くと想像や打ち合わせと違う使用やサイズになっているのは新築あるあるですね。
設計図にも記載されているのであれば①はまず無理です。
私なら②番で交渉していきますね。
まず、ガレージと玄関の段差は直らないので思い切って玄関ポーチの天井の素材を変更してはどうでしょうか?質問者さんはガレージとポーチをひと続きにしたかったのでしょうが、段差は仕方ないとしてガレージと本体を別に考えて天井素材を変える。ポーチは今流行のレッドシダーなんてどうでしょう?段差のサイディングもレッドシダーにすればお洒落な感じになると思います。
その改築費を交渉してはどうでしょうか?
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 16:21:58
①②は多分無理ですよ。
この程度で建て直しなりやり直しの要求されたら多分裁判になりますけど、過失が低すぎて裁判費用で数百万かかって元が取れないと思います。

③が理想ですけど、減額は無理だと思います。理由は材料が減ってるわけではないから、減額にならないからです。思ったのと違った、は減額の理由になりません。オプションとか、アフターサービスをきちんとするとか、目に見えない部分のお金がかかるところを余分にやってもらうのがいいかと思います。


>段差部分に貼られたサイディングの色についての質問も受けておりません。

この段差のサイディングは外壁色であるべきですよ。ここの色を変えるのは昨日的に整理がおかしいとは思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 16:01:19
私も設計事務所を20年以上やっていますが。。。とても微妙なとこ突いてきたなーと感じます。確かに施主のイメージと違うも分かりますし、施主がまさかその軒天そこまでイメージしてくれてるとは思わないですかねー。図面に表現されているならはありますが確かに口頭で説明しろよもあると思います。せいぜい③。それに対応してくれればあなたの勝ちかな。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/1 15:25:27
①はどう考えても無理でしょう
②はどれだけごねるか+ハウスメーカーの対応力によって変わると思いますが、不可能ではないと思います。
③が1番現実的ですね。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

10 件中、1~10件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information