教えて!住まいの先生

Q 土地売買で不動産屋がこちらの希望を無視して値段や期限を変えるのはありなんですか あと連絡義務も果たさず 本社にクレームを入れてもフランチャイズの為本社はなにもできないと言われました。

責任追及できませんか
質問日時: 2024/6/10 19:59:28 回答受付終了
回答数: 4 閲覧数: 39 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/11 08:30:13
総合的な不動産会社に勤めています。

宅建業法34条の2違反です。

価格を決める際は、その根拠を言わなければならないので、変更も同じく根拠を伝えて変更しなければなりません。

また、変更するにも、レインズへの登録したら変更証明書が発行されるので、その交付

もちろん専任媒介なら二週間間毎の報告義務も継続して行わないといけません。


そもそもの登録証明書交付と定期報告義務すらしない悪質な業者も多いので注意です。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/10 21:36:38
本社とは別にその不動産屋に免許を与えた都道府県知事がいます。

窓口はこちら
https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html

悪質な宅建業法違反の場合は処分もあります。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/10 19:59:41
不動産取引において、売主や買主の希望を無視して一方的に価格や期限を変更することは適切ではありません。通常は双方の合意の上で条件を決定するべきです。

また、不動産会社には連絡義務があり、重要な事項について適切に報告・説明する責任があります。連絡が不十分であれば、不動産会社に対して説明を求めることができます。

本社がフランチャイズ店の対応に責任を持たないというのは適切ではありません。フランチャイズ本部は加盟店の行為に対して一定の監督責任を負っています。

このような不適切な対応があれば、まずは不動産会社に正式に文書で抗議し、改善を求めることをお勧めします。それでも解決しない場合は、次のステップとして以下のような対応が考えられます。

・公正取引委員会や国民生活センターなどの第三者機関に相談する
・弁護士に相談し、不動産会社に対する損害賠償請求を検討する
・マスコミに取り上げてもらい、世論の力で是正を求める

不動産取引は高額な金銭が動くため、トラブルになりやすい面があります。しっかりと自身の権利を主張し、適切な解決を求めていくことが重要です。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/10 19:59:40
不動産取引において、不動産業者が顧客の希望を無視したり、連絡義務を果たさなかったりするのは適切ではありません。しかし、フランチャイズの場合、本社が直接介入できない場合もあります。責任追及については、まずは不動産業者との契約内容を確認し、その上で弁護士や消費生活センターなどに相談することをお勧めします。また、不動産業者に対する苦情は、公正取引委員会や都道府県の不動産業協会にも報告できます。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information