IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q 木材(コルク)は、やすりがけなどといった表面を研磨すると、寿命が短くなったり、劣化したりしますか?

質問日時: 2016/3/1 15:26:06 解決済み 解決日時: 2016/3/3 11:54:03
回答数: 1 閲覧数: 1193 お礼: 50枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2016/3/3 11:54:03
結論から書くと、家庭で表面を削ると、コルクは劣化して寿命が短くなります。下に理屈を書きますが、読み飛ばしていただいて構いません。

コルクは一般家庭などではできない程には手の込んだ加工が施されています。
「剥ぎ取られた樹皮はまず高温蒸気処理を受ける。これによって樹皮は弾力を増やし、丸みがとれて平らになり、打ち抜きやすくなる。打ち抜かれて残った樹皮は粉砕された後に接着剤と共に圧縮され、圧搾コルクとして利用される。」
よって、家庭でコルクの表面を削ると、工場での加工後より断面がギザギザになって、劣化します。

ナイス: 1 この回答が不快なら

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード