教えて!住まいの先生

Q リフォームした木造住宅は耐震性が多少増すと聞きましたが 実際のところどうでしょうか? ①築30年程度(木造)で建てたときのままの住宅

②同じ築年数(木造)で1階にお風呂を増築したり、和室を洋室にしたりと
小さなリフォームを何度かしている住宅

リフォームしているほうが材質(?)が新しいので
強度は増すのでしょうか。
質問日時: 2024/6/6 13:22:27 解決済み 解決日時: 2024/6/11 13:56:45
回答数: 5 閲覧数: 84 お礼: 50枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/11 13:56:45
建築士です。

リフォームと一言で言っても、内容は千差万別ですので、どの様な内容であったかによって変わります。

例えば、「スケルトン」と言いますが、既存の家をほぼ柱だけになるまで解体してから構造自体を変更する場合、新たに確認申請を行う必要がありますので、この場合は新しい耐震基準に基づいた構造でなければ確認が降りません。

確認申請を伴わない場合でも、例えば瓦葺を鋼板葺に変更すれば、屋根荷重が大幅に減少しますので、実質の耐震性は向上します。

反面、内装材のみをどんなに変更しても、耐震性は変化しません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/6/11 13:56:45

ただのリフォームの場合、耐震性にはなんの効果もないことよく分かりました。
屋根荷重のお話は素人の自分にも理解しやすかったためベストアンサーとさせて頂きました。
他の皆様も詳しく回答頂き、どうもありがとうございました

回答

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/8 09:09:41
リフォームした木造住宅が、耐震性が増すというのは、全くのデタラメですね。

耐震補強が目的なら、耐震性がましますが、単に内装のリフォームならば、耐震性は向上しません。

また、増築は耐震性が低下しやすいので、気をつける方が良いです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/7 16:45:30
それは全く関係ないと思って下さい。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/7 01:52:49
いくら仕上げ材が新しくなっても耐震性には影響は無いと思います。
只、地震で落ち易くなっていた天井や剥がれ易くなっていた壁がリフォームで是正されるので、少し安全に成ったと言う事ではないでしょうか。
耐震性能を意識したリフォームで無ければ、強度を増す事は無いと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/6 13:27:58
耐震リフォームであれば、もちろん耐震性はアップしますが、一般的なリフォームですと、かえってダウンすることも多いです。
リフォームの際に、既存の柱や梁を傷めることがあるからです。
耐震性をアップさせるためには、壁倍率を計算して、構造用合板を多用するなどしてリフォームしなければなりません。
その方面に明るい建築士や大工さんに依頼する必要があります。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information