教えて!住まいの先生

Q 代償分割に関する相続の質問です。

3000万円評価の不動産を父から代償分割で相続するケースです。ほかに相続人が2名いるので、1000万円づつ支払う必要があります。長男が現金を用意できないケースは、2名から例えば金利2-3%として1000万円借りるという形で処理は可能でしょうか。このケースは、家を抵当に入れるものでしょうか。

よろしくお願いします。
質問日時: 2024/6/8 02:39:55 解決済み 解決日時: 2024/6/8 16:38:40
回答数: 1 閲覧数: 68 お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/8 16:38:40
代償金の支払いについて、その時期や方法も含めて相続人同士で決めることが可能です。兄弟間で信頼関係ができていれば、抵当権など付けなくてもよいかと思います。ケースバイケースでしょうかね。
私は2度の相続で不動産をすべて承継する代わり、5人に対して11500万円の代償金を支払うとしています。すべて月払いとしてあり、叔母3人には7年、妻(養子として相続権あり)には20年、弟には30年かけて払い終えるよう話をしてありました。遺産分割協議書には支払方法や時期を書かず、叔母たちには別途「念書」といった形で支払時期と方法を記載したものを渡しています。利息については相手が言い出さなかったので記載していません。借金という位置づけではなく未払い金のような感じでしょうかね。仮に利息分が自分から相手への贈与とみなされても、基礎控除額を上回ることはないんで問題なかろうと判断しています。
最後の贈与云々は自己判断ですが、代償金の分割払いが問題ないことは税理士に確認済みです。遺産分割協議書で全体額を決めてあり、以降は金融機関からの自動振り込みで7年(あるいは30年)勝手に実績が積みあがっていくようにしてあり、その振込記録で確認する程度にしています。一応毎年支払総額と残金を書面にしてありますが、相手には渡してません。
これは私の体験談であり、無利息無担保でよいとしてくれるかは相手次第だと思います。1000万ずつというなら、「毎年50万を20年かけて渡すという形でどうかな」とか持ち掛けてみて、20年は長いだろうとなったら妥協点を探る形でどうでしょう。私も最初、叔母たちには10年で持ちかけました。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/6/8 16:38:40

ありがとうございます。

代償分割は、意外に融通がきくことが分かりました。

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information