教えて!住まいの先生

Q 外壁塗装+屋根交換と耐震補強のリフォームは年を分けても大丈夫? 実家の築50年の家に住んでいます。 外壁塗装してから10年は立っていますので、外壁塗装をしようと思いました。

90歳の元設計士の叔母から屋根交換はした方がいいと言われたので、
外壁塗装+屋根交換をしようと思いました。
また、耐震補強もしようと思いました。

そんな中、会社で早期退職の募集があります。
年齢的にひっかかり、リフォームどころではない気がします。
取り急ぎ、簡単そうな外壁塗装+屋根交換だけを済ませて、
耐震補強は1年くらい先にしたいのですが、大丈夫でしょうか?
一気に行うより、お金がかかりますか?
補足

水道管の交換と電気配線の交換も考えていました。

質問日時: 2024/6/8 07:19:14 回答受付終了
回答数: 4 閲覧数: 72 お礼: 25枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/8 10:24:30
市町村の耐震補助金を利用できるかもしれないですね
国から予算が下りてくるので早いもの順です
屋根は軽量化で補助対象です、足場を組むので外壁修繕、塗装される
方も多いです必要なければ考えなくてもいいです。
金銭的負担が多いのであれば優先順位をつけましょう。
見積もり作成してから考えてもいいと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 07:42:50
屋根交換するなら一緒にやった方がいいです。
カバー工法なら関係ないですけど。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 07:19:30
外壁塗装と屋根交換、耐震補強のリフォームを年を分けて行うことは可能です。ただし、一気に行うよりもコストがかかる可能性があります。

・外壁塗装と屋根交換は、建物の外観や防水性の改善につながるため、優先的に行うことをおすすめします。
・耐震補強は、建物の安全性を高めるため、できるだけ早期に行うことが望ましいですが、費用面の都合で1年程度遅れることは問題ありません。

一気に行う場合は、工事の効率化や資材の一括購入などでコストを抑えられる可能性があります。一方、分けて行う場合は、工事の重複や資材の分割購入などでコストがかかる可能性があります。

最終的には、ご家庭の財政状況や優先順位を考慮して、適切なタイミングでリフォームを行うことが重要です。専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 07:19:27
リフォームの工事は年を分けて行うことも可能です。外壁塗装と屋根交換を先に行い、その後に耐震補強を行うという手順も問題ありません。ただし、一度に全ての工事を行うと、工事のスケジューリングやコスト面でのメリットがあることも考えられます。一方で、工事を分けることで負担を分散できるというメリットもあります。費用面や生活環境、緊急性を考慮して最適なプランを選ぶことをおすすめします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

4 件中、1~4件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information