教えて!住まいの先生

Q この先、戸建て価格が安くなる事はありますか? 今注文住宅を検討していますが、土地なし外構無しで総額3700万くらいします。

ですが5年前だと300くらい安く、10年前だと1000万くらい安かったそうです。
高いからといって設備やグレードが良くなった訳ではないので時期が悪い気がしてるのですが、今後安くなる事はあるのでしょうか。
住友林業を検討しています。
質問日時: 2024/6/8 16:57:14 解決済み 解決日時: 2024/6/10 17:31:48
回答数: 10 閲覧数: 388 お礼: 0枚
共感した: 1 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/6/10 17:31:48
ないと思います。
年々人件費が上がっていますので、材料が安くなったとしても加工も施工も人が関わるものは高くなります。
下がる要素がありません。
  • 参考になる:3
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この回答が不快なら

回答

9 件中、1~9件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/6/10 15:53:46
5年の間に消費税だけでも8%から10%に上がりましたから。
この額の2%アップって痛いです。

残念ながら今後下がっていく可能性は低いかと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/9 06:42:32
物価は毎年2%前後上がっています、10年後は現状価格の22%UPになります、
消費税も15%になるでしょう、進めるか?立ち止まるか?難しい問題ですね、
買う人が少なくなれは安くなるという見方もありますがカーテン業界と同じで
売れる見込みに対して利益を上乗せして最終利益確保する方向になると思います、安くなる要素は見当たりません。
住友林業の家も三軒程拝見しました、我が家の洗面はアイデアを盗みました、
内装に感動しましたがじっくり考えて「これいるか?」アイデアを盗むには
よいメーカーです。
  • 参考になる:3
  • ありがとう:1
  • 感動した:1
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/9 05:35:17
日本の競争力が弱くなっている中、物価が下がる局面は考えにくい
  • 参考になる:2
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 22:29:58
ドライバー不足による輸送費の上昇
職人の給料の増額
円安による資材の高騰
今後はさらに上がると私は思います。
  • 参考になる:2
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 19:10:57
同じ仕様で建てるなら安くなりません。
職人不足により人工費が上昇していることに加え、残業規制により工期が伸びることはあっても短くなることはありません。材料が多少値下がりしたところで焼け石に水です。
  • 参考になる:2
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 18:18:08
こんにちは。

注文住宅の価格高騰は、2-3割であり、抑えられている方だと思います。マンションにいたっては、10年前の1.9倍だそうです。
https://ouchi-iroha.jp/sell-101-10594

住宅ローン金利も上昇傾向にあります。ローン金利が安いうちに購入するのが良いと思いますよ。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 17:21:00
しばらく下がることはないだろうという見解が多いですね。仮に五年後に300万下がったとしても、その間の家賃で消えてしまうので、買うなら早い方がいいと思います。
地元の優良工務店も候補に入れるとよいと思います。価格を抑えるためには、土地に合わせて無駄なくコンパクトだけど狭く感じない空間をつくってくれる、設計力のある会社を選びたいです。
  • 参考になる:3
  • ありがとう:1
  • 感動した:1
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 16:57:31
注文住宅の価格は、主に以下の要因によって変動します。

・建築資材価格の変動
・人件費の変動
・需要の変動
・金利の変動

近年は、建築資材価格の高騰や人件費の上昇により、注文住宅の価格は上昇傾向にあります。一方で、景気後退時には需要が落ち込むことで価格は下がる可能性があります。また、金利が低下すれば、価格は上昇しやすくなります。

したがって、今後の価格動向を予測するのは難しいですが、以下のようなことが考えられます。

・建築資材価格や人件費が高止まりするなら、価格は当面上昇が続く可能性がある
・景気後退で需要が落ち込めば、価格は下がる可能性がある
・金利が上昇すれば、価格は下がる可能性がある

つまり、経済情勢次第で価格は変動する可能性があります。ただし、過去のように大幅に安くなるかどうかは分かりません。ご予算内で満足のいく住宅を建てられるタイミングを見計らわれることをおすすめします。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/6/8 16:57:23
注文住宅の価格は、建築費、土地価格、設備のグレードなど多くの要素に影響されます。また、経済状況や建築資材の価格変動も関係します。過去の価格動向から未来の価格を予測するのは難しいです。ただし、一般的には、建築費や土地価格は上昇傾向にあることが多いです。今後価格が下がる可能性もゼロではありませんが、それは不確定要素が多いため確定的なことは言えません。

※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

9 件中、1~9件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information