教えて!住まいの先生

Q 【結婚相談所と不動産購入、どちらが先だと思いますか?】

私は都内在住の43歳の独身男性です。去年転職してからいろいろと新しいことにチャレンジしようと思って、この1年間精力的に活動してきました。そこで悩んでいるのが、表題の結婚相談所と不動産(マンション)購入の順番です。
どちらも近々やるつもりなんですが、両方が干渉しあう内容なので少し悩んでいます。
男性だったら同じ目線で、女性だったら結婚する場合に家持ちの男性がどう映るかでご意見いただけると嬉しいです。
以下に判断材料となりそうな情報を記載しますので、是非いろんなご意見をお聞かせください。

======================================
・マンション購入は半年近く活動しており、ある程度準備も済んでいるのでいい物件が出たら買える準備がある。(東京隣県予定)
・購入予定の物件は最低でも2LDKで、奥さんができても一緒に暮らせる間取り。
・購入のきっかけは「家賃がもったいないから」。
・結婚相談所については、10年ほど前にも活動歴があり、結婚2歩手前くらいで破談になったことがある。
・収入は年代平均かちょい上くらいで貯金もそれなり。お金にはさほど困っていない。
・ドライな性格で人間関係は面倒くさく思いがち。恋活マチアプ系よりもガチ感強めの相談所にする予定。
・婚活も45歳の節目でフィルタリングから漏れ始めそう、マンションは35年ローンのリミットが近い。
======================================

ご意見、お待ちしてます!!
質問日時: 2024/2/25 13:17:39 解決済み 解決日時: 2024/3/4 07:32:40
回答数: 30 閲覧数: 846 お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/3/4 07:32:40
相談所で成婚退会した女性です。

ローンを組む問題があるので年齢を考えたら難しい問題かとは思いますが。

婚活が先が良いです。
婚活して婚約して結婚した後少ししてからで購入が良いです。せめて婚約してから探すが良いです。

理由はいくつかあります。

①住まいの場所や間取りは一緒に決めたい女性が圧倒的多数
(ああでもないこうでもないと言いながら一緒に決める事も女性にとっては大事で、また夫婦になって行く上で必要不可欠なコミュニケーションでステップです。そこから見えてくるお互いの価値観や方向性もわかります。それを飛ばして結婚となると購入後に破談や離婚はあり得ます)

②男性目線で住宅選びだとどうしても不便な場所や不便な間取りを選びがち
(どれだけ将来の女性のためにと考えても一緒に選びたい女性のが多い。それを無視して結婚前購入の時点で自分の事しか考えてない人かもというのが垣間見えてしまうか伝わってしまい賢い人は避けるかもしれない)
(じゃあ女性目線が欲しいからと母親や姉や妹の意見は絶対取り入れないでください。義実家家族の意見も取り入れた家に住みたがる女性はあまりいません、とは言え言わなきゃわかりませんが…。やはり奥様になる方にとっての目線が必須です)

③住まいが決まってしまったら、そこに住んでくれる女性を探さないとならない、数が絞られてしまう、質問者さんがお見合いや交際の数を打てなくなる
(女性に仕事辞めてもらってこちらで正社員でまた働いてね!はキツイ、女性だって慣れた職場が良いし、キャリアがある女性ならそれを手放せないとかあるし、女性が辞めないとなると通勤距離が倍になるわ家事負担もでかくなります、結婚前購入は共働きしづらくなる要素になる)
(となると非正規雇用やバツイチ女性や訳アリ事情女性しか結婚前の持ち家をokしてくれない可能性がある。一般的には結婚前により結婚後に購入が良い女性が多め。マンションより戸建て派もいる。マンション派かどうかは交際中に聞けば良しです)

④結婚前に購入した後、もし破談になったり、最悪結婚して離婚した場合はたった数年でも数ヶ月でも前の奥さんと住んだ家という事になり、再婚の婚活条件が悪くなる
(今後再婚の際、売却するか・賃貸にして収入を得えてバツイチ子なし女性と新しい場所に住むか、バツイチ子持ちシンママにその家に来てもらって住んでもらうという2択選択に迫られるもう結婚いいやとなれば、一人で住むという選択肢もあるが)
(意外と破談や3年以内の離婚はあるので結婚前購入や結婚直後購入はよく考えたほうがいい)

1〜2年婚活してダメなら子どもを望む婚活はやめて、夫婦2人で暮らしていく婚活に切り替えて、それでだめなら2人で住むようなマンションを購入してそこに1人で住むもよし、ゆっくり伴侶見つけて住んでくれる人見つかれば結婚すればよし、いなければ恋愛で彼女と同棲すればよし、ぐらいでいたほうがマンション購入もできるしいいのではないでしょうか。

結婚前結婚後どちらに購入するにしても気をつけたほうがいいこと。
結婚したとしても子どもが授かるとも限らないので最初から子ども部屋と称して用意していると、大変ですよ。
授からなかった場合、その部屋を質問者さんや将来の奥様が見たときに泣きたくなるかもしれません、虚しくなるかもしれません。
この部屋は物置き部屋とか夫の書斎、こっちは妻の部屋とすることを勧めます。

ちなみに質問者さんの年収と容姿にはよりますが、質問者さんの年齢を考えたらお見合い組めるのは若くて30代後半、あとは同年代女性かなというのと、たまーに素朴な顔やぽっちゃりな年上好きな30代半ばか30代前半が稀に組めるか組めないかぐらいだと思います。
昨今は年の差婚は減っているので。
相談所の成婚カップルの年の差はそれほど差がないカップルが成婚退会しています。
というのが現実的な話です。

将来独身決定なら今買ってしまって構わないかと思いますが、婚活するなら待った、です。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/3/4 07:32:40

たくさん書いてくれてありがとうございます。
とても参考になりました。

回答

29 件中、1~10件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 次へ
A 回答日時: 2024/3/2 02:12:36
絶対に結婚相談所が先です。
理由は他の回答者様が書いてくれているので省略します。

そもそも、なんでマンションのローンを35年で組む前提なんですか?
「若いうちでないと35年ローンが組めませんよ!」って、営業成績上げたいだけの不動産屋の口車に乗せられてませんか?そりゃ売る方は長くローン組ませたいですよ、一番多額の金利を取れるんだから。
住宅ローンの最長期間が35年なのは、昔は一般的だった25歳あたりで結婚して住宅を買う人を想定しているからで、40いや30過ぎた人が前提に考えるローン期間ではないです。

43歳まで独身で来たなら貯金もそこそこあるでしょ?まだ買わないならこれからも上積みできるでしょ?
頭金を多くしてローン期間は短くすればいいじゃないですか。定年で払い終わりくらいに。ローン返済期間が短い方が総支払額も少なくできるし。買う年齢が高ければその分、築年数のいった安い物件でも良くなりますし。亡くなるまでに住む期間も短くなるんだから。

独身で不動産を買うのは、結婚を完全に諦めてからです。上に書いた通り、頭金と物件価格次第で何歳になっても買えます。一括支払いなら老人になってからでも可能。

不動産購入に年齢のリミットはありません。

でも結婚は年齢のリミットがあります。ご自覚されている通り、45歳超えると、多少高収入であってもアラフォー女性からも選ばれません。
43歳なら、まだ子供を授かれる可能性も高い38〜40歳あたりの女性との結婚ラストチャンスです。

どちらを優先すべきかは明白です。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/3/1 19:25:53
家賃がもったいないと思ってる人は、金融知識がゼロなのか、それともかなり詳しいかのどちらかだと思いますが、あなたはいかがでしょうか?

なお先に住むための不動産購入はオススメしません。

せっかく知り合った運命の相手が、不動産にだけは口うるさい人なら大変ですよ…たぶんその人とは結婚できません。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 23:20:20
→【結婚相談所】

去年転職、チャレンジ
1年間精力的に活動
→仕事OK

結婚する場合に家持ちの男性がどう映る
→間取り、子供の人数予定、子供部屋、庭
家事の導線、引越し範囲かなど
持ち家派、マンション派
子供なし考えなら、バリアフリー
近所付き合い、周辺地域の人間関係確認
など

→専業主婦でよいなら
職場の通勤は考えなくてもOK

お金にはさほど困っていない。
→マンション購入して
婚活して、不動産売却して
結婚相手と、再度不動産購入でも。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 21:35:34
結婚相談所です。
住まいはあとから。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 17:16:12
既婚女性です。
不動産を先にする一番のデメリットは、
不動産を理由に結婚できない可能性が出てくることです。
(彼女の職場から遠い&彼女は仕事を辞める気は無いとか、立地が気に入らないとか学区が気に入らないとか色々なケースがあります)
彼女の部屋を選ぶ権利をあなたが奪うわけです。このリスクをよく考えた方が良いです。
子供は何人の予定ですか?
2LDKで子育ては狭くないかな?と感じましたが子供は作らない予定なのかな。
本気で惚れた女性が「どうしてもあなたの子供が欲しい」って言っても揺らぎませんか?子供が欲しくないことを理由に別れられますか?(or彼女に諦めさせることはできますか?)

健康な独身男性の目線と、母になるかもしれない女性の目線が同じとは限らないので、
私は不動産を後にすべき(そこに住む配偶者と一緒に選ぶべき)だと思います。
部屋数なんてまさに「子供どうする?」に直結する部分です。
パートナーと話し合ってから決めるべきだと私は思います。家賃がもったいないからって省略していい部分とは思えません。

ローンは頭金そこそこ出せれば大丈夫ですよ。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:1
  • 感動した:1
  • 面白い:1

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 15:37:57
どちらが先かと言うと

不動産購入はすぐできますね。

結婚相談者での出会いが結婚につながるかは未知数。

ご自身が今の生活を大切にするなら、住み心地の良い家を購入しつつ、
婚活に励むのがよいかと。

リセールバリューのある物件なら、
結婚相手との都合も考えて途中で売却も可能です。

まず、ご自身が心地よい暮らしを選ぶのがよいかと。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 15:24:52
先に家を購入すると結婚できないと言われますよ。
でも、家賃は確かにもったいないですよね。でも、今の方が最適でしょうか?
先にマンション等を購入するのも一つの方法だと思うんですが、配偶者になる人に「この間取りで住め」というのもなかなか酷なものもあると思います。
先に家を購入するのであれば、結婚後の住み替えも見越していたほうがよろしいかと思います。
マンション等の購入をすると税金関係や修繕費用など諸々の費用が出てきます。
賃貸に住み続けるのであれば、そういった心配も不要ですし、ライフスタイルに合わせて住み替えも容易ですよね。
私は戸建てなので大口叩けませんが、家を持つと大変なことも多いものですよ。
  • 参考になる:2
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/29 12:02:16
私の夫も、結婚前に既にマンションを購入して住んでいました。
しかし、立地が東京都心なのと、一括購入済でローンは無く、毎月の支払いは管理費のみなのでマイナスには感じませんでした。

結婚後もその家に住んでいます。

今は都内は特に不動産が高騰しているので、今の家のままでいいかなと思っています。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/28 17:32:14
そこで悩んでいるのが、表題の結婚相談所と不動産(マンション)購入の順番です。
どちらも近々やるつもりなんですが、両方が干渉しあう内容なので少し悩んでいます。
⇒答えは結婚相談所一択です。
何故なら、相手が出来て相手の住みたい場所、間取り、デザイン等を聞いて一緒に探す事が出来るからです。
購入した場所と結婚されるお相手が住みたい場所が大きく違う可能性が有ります。買うのはいつでも出来るのですから・・・・・!?

マンション購入で即金だとしても答えは一緒で増してローンを抱えるとなるとメリットよりもデメリットに感じる女性の方が多いかと存じます。
相手の立場になって考えて見て下さい、そして決断して下さい。
取り返しが付かなくなる可能性になるやも知れません。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/28 15:56:12
まずは結婚相談所購入から
そして条件良い女性を自分のものに
不動産は最後
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

29 件中、1~10件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード
JavaScript license information