教えて!住まいの先生

Q 入居者の希望でアパートの1年の定期借家契約 をしました。1年の契約期限がきましたが再度1年の再契約を申し込まれました。再契約した場合は途中解約できるのでしょうか?

途中解約をされた場合は、違約金は、取れますか?尚、当方オーナー側です。
質問日時: 2024/2/14 13:29:55 解決済み 解決日時: 2024/2/14 22:05:24
回答数: 4 閲覧数: 102 お礼: 25枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/2/14 22:05:24
初期契約と再契約に違いはなく同じ縛りを受けます。定期借家契約では、特約がない限り、原則として賃貸人・賃借人のどちらか一方の意思による中途解約権はありません。もし中途解約するとなると、一定の損害賠償金を賃借人に支払う・賃貸借の残存期間の賃料相当額を賃貸人に支払って退去するか、双方合意で解約するしかありません。しかし、特約がなくても、法律により、賃借人に「やむを得ない事情」が発生し、かつ「建物を自己の生活の本拠として使用することが困難」となった場合には、賃借人は建物賃貸借の解約の申入れができる(借地借家法第38条第5項)ことになっています。「やむを得ない事情」には、転勤・療養・親族の介護・その他が例示されているが、生活の本拠として使用することが困難な事情のうち、条文で「その他」とされている中にどの様な事情が含まれるかは、個別の具体的事情により判断することになります。双方合意なら合意した時点で、合意できなければ裁判所に判断してもらうことになります。トラブルをさけるため賃貸人・賃借人が中途解約した時の特約を入れておくことをお勧めします。以上参考まで。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/2/14 22:05:24

有難うございました。

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/2/14 14:03:46
定期建物賃貸借契約は
原則として中途解約できません。
転勤や介護などやむを得ない場合は
1か月前予告で解約できるという
例外があるだけです。
なので、中途解約できる規定がないのであれば
違約金というよりも、契約期間満了までの
家賃を請求できます。
もちろん、中途解約を認めて、その場合は
違約金を支払うと特約してもよいです。
要は、契約内容次第ということです。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/14 14:03:42
途中解約は出来ません。
入居者は、キッチリ1年間後に退去する契約ですから、あなた様から途中解約申請は出来ません。

入居者からの途中解約申請は可能です。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/14 13:57:40
1年 定期借家契約 途中解約 違約金 検索
めんどくさければ契約を断ればいいと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード
JavaScript license information