教えて!住まいの先生

Q 住宅ローンによる節税対策について質問です。 横浜市内で2LDKの中古マンションか、新築の小さい家を買おうと思っています。

生涯独身のつもりなので、1400万くらいの中古マンション、中古一軒家を一番に考えています。
(マンション経営をするつもりはありません)
その地区の賃貸の相場が2LDKだと20万なので、1400/(20万×12ヶ月)≒5.8年となり、6年その購入物件に住めば、賃貸より安いことになるかと思います。

年収は新卒3年目で580万(残業はかなり少ないです。業界大手でプライム市場に上場しています)
そして、9月に転職をするのですが750万のオファーを受けています。
借金は、学生支援機構の奨学金(あと190万くらい残ってる)だけですが、4年前に心療内科に通い、抗うつ薬と睡眠薬を出してもらっていました。うつ病の診断はありません。
業種がITで、情報処理安全確保支援士という今後マイナンバーにも紐づけられる士業試験に合格しており、近々申請するので、ローン利子には良い意味で作用してくれると思っています。(情報処理安全確保支援士だけ士業を持っている職場の先輩がローン利子が破格だと言っていました)

物件を買うとしたら今年転職して、その1,2年後になり、その頃には年収880万くらいになっていそうです。
その頃はちょうど30歳ジャストかなと思います。
ちなみに転職先は、超大手会社のグループ会社なので上場はしていません。
(私の籍はその超大手企業になるのですが、実際に働く企業はそのグループ企業の方になり"出向"という扱いになるそうです。⓪なので、勤め先は、いくら籍が超大手にあるとは言え、グループ企業の方の名称を書くべきですよね?)
それでもローン利子は破格になりますよね?

①転勤もないので、節税対策で物件購入するのはアリですよね?
②e-taxで確定申告はできるのでしたっけ?毎年どれだけ節税できるんでしょう。
③買うなら中古マンション、新築の小さい家 どちらがいいでしょうか。

⓪〜③について、回答可能な範囲でよいですので、ご回答いただけますと嬉しいです。
質問日時: 2024/3/31 01:42:15 回答受付終了
回答数: 3 閲覧数: 136 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/3/31 15:10:53
1400万/(20万×12ヶ月)の計算について。

実際には、
1.マンションを買う時の仲介手数料(売る時ももちろん)
2.登記の費用
3.ローン関係のコスト
4.固定資産税
5.マンションの管理費と修繕積立金
はかかるので、損益分岐ラインは、6年よりもう少し長い期間になると思います。

自分が住むマンションを買うということですから、節税の対策というより、住宅ローンを借りた場合にそれに見合った減税がある、というイメージに近いかと思われます。
「ワンルームマンション投資における節税対策」みたいなものとは大きく異なってくるのでは?
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/3/31 13:32:44
銀行で融資担当しております。

①転勤もないので、節税対策で物件購入するのはアリですよね?

住宅ローン控除はローン残高の0.7%
金利差が節税にはなります。
そこをどう捉えるかです。

②e-taxで確定申告はできるのでしたっけ?毎年どれだけ節税できるんでしょう。

e-taxで確定申告出来ます。
0.7%との金利の差額分です。


③買うなら中古マンション、新築の小さい家 どちらがいいでしょうか。

立地が良く、流動性が高い物件です。

横浜市にそんなに安くて良い物件があるとは思えませんが、実際に探してみましたか?
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/3/31 06:41:39
節税分は、金融機関の利払いで消えます。

すなわち、「住宅ローン減税」は、借金した人のためではなく、金融機関への援助です。

大体、空き家問題があり、人口減少で、20~30年後どうなるか、IT関係なら、簡単にシュミレーションできるのでは・・・。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

ページの先頭へ

JavaScript license information