教えて!住まいの先生

Q 戸建ての方に質問です! 太陽光をつけた理由と 蓄電池はつけたのか、 エコキュートの方は光熱費変わりますか?

戸建て購入予定です調べてみると太陽光はつけない方がいいとか、太陽光とエコキュートの組み合わせがいいなど多くてなにがいいのかわかりません、わかりやすく教えて頂けると助かります!

売電は考えてなく光熱費が抑えられるのが第1優先です!
質問日時: 2024/5/13 21:36:17 解決済み 解決日時: 2024/5/14 09:40:28
回答数: 3 閲覧数: 143 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/5/14 09:40:28
今設置する方とは比較になりませんが、うちは2012年に設置して卒FITしてます。
当時は売電単価が42円だったので、ひたすら夜に買電して、昼は電気使わず売電を優先でした。
うちは売電収益が目的でした。

今は卒FITしており、売電単価は安くなりましたが、蓄電池はそれでも元が取れない計算だったので諦めました。

蓄電池を買わない代わりにエコキュート湯沸かしをすると、お金をかけずに同等以上の効果があります。
エコキュートはタンクの湯沸かしと保温で1日夏9〜冬15kWhの電気を消費します。
これがほぼ毎日です。

これを日中に太陽光を利用すると、電気を買わずに行えます。
本来なら深夜の買電で沸かすのがエコキュートですが、これを日中にシフトさせます。

こーすることによって電気を買わずにすみ、電気代削減に寄与します。
今はご承知のとおり、売電単価が16円で少ない為、発電した電気は売るより使った方が得になります。
自家消費を優先します。

日中のエコキュート湯沸かしの状態です。
黒色が太陽光発電で無料で使った消費。
水色が発電無しの買電した消費。
見てのとおり、太陽光発電の時間帯はエコキュートの消費が半分近く占めてるのが判断できると思います。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/5/14 09:40:28

わかりやすく教えて頂きありがとうございます!!
助かりました!!

回答

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/5/13 23:04:22
新築と合わせてつけると、導入コストが安かった事と、売電と節電効果の試算により、売電期間中に導入コストをペイ出来る試算だったので太陽光導入しました。
約5年前ですが、蓄電池はEV需要もあり、まだまだ発展の余地があると思い(小型化、大容量化、低コスト化)、導入しませんでした。売電期間20年が終わってから考えれば良いとの判断です。
日中は余剰売電、エコキュートは安い夜間電力での給湯の設定でしたが、電気代高騰に合わせて、発電中に給湯する設定にかえました。
10kw積んでますが、年間収支は電気代より売電の方が上回っています。
売電価格は年々下がるでしょうが、導入コストも年々下がるので、売電についてもキチンと試算した上でトータル的に判断するした方がいいと思います。
発展分野は時間と共に安く、高品質になります(インフレリスクはありますが)。20年前の42型液晶テレビが20万だったのに対し、同程度の機能であれば今は5万くらいで買えます。
今必要ないなら、技術の発展にかけるのも手です。(但し、車のように安全性能や利便性を高性能にして、付加価値をつけ、価格を上る方向もあります。)
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/5/13 22:36:29
太陽光6キロ、蓄電池なしです。
昼間にエコキュート沸かしたり、電気自動車に充電したり、洗濯乾燥したりと、発電分をなるべく消費する暮らしをしています。

前の賃貸がプロパンガスで給湯だったのもありますが、家が大きくなったのに光熱費はうんと下がりました。ガソリン代がほぼかからないのも大きいです。
ざっくりの計算しかしてませんが十分元とれます。

なので太陽光は私はおすすめですが、太陽光以前に光熱費を抑えるための最優先事項は、断熱です。
うちは6地域でUA値0.3にしました。保温性が驚くほど高く、暖房なしで過ごせる期間がすごく長くなったので、そもそもあまり電気を使わないのです。
電気代安いだけでなく本当に体にも気持ち的にもストレスがないので、まずはできる限り断熱上げることをおすすめします。
そのうえで予算の範囲で太陽光載せるとよいと思います。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information