教えて!住まいの先生

Q 住宅ローンの選び方について教えてください。 独身男性33歳、自営業手伝い、年収600万以上、現在両親と同居、また将来を見据えて約5500万の中古住宅を購入しようとしています。

不動産屋の斡旋により、代理店のフラット35の100%融資の審査はとおりました。
審査の契約内容は、20年以内 年 1.390%
21年以上 年 1.870%
35年以内 年 3.240%(フラットa)です。

同不動産屋より、さらに有利な条件が出るかも知れないとのことで、地銀の変動金利型住宅ローンを審査中です。審査が通れば年0.6~0.7%で40年返済のローンが組めるとのことでした。説明の際にもらった「変動金利型住宅ローンのしくみ」で35年間の金利の推移というチャートを見て、バブル期の1990年を挟んで金利が6~8%という期間が気になりましたので、融資担当者に今後の金利変動について質問したのですが、過去30年間2%台の経験しかないので、将来のことは明言できないと言われてしまいました。
今後、回復していくであろう経済状況を考慮して、ローン金利がどのように推移するのか、また、変動金利が高騰したした際のリスク回避策も併せてご教示頂きたく、投稿いたしました。
よろしくお願い申し上げます。
質問日時: 2024/2/17 13:31:35 回答受付終了
回答数: 3 閲覧数: 208 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/2/18 00:25:35
年収の割に高額な不動産ですが、生活は大丈夫でしょうか?
今後、ご結婚しお子様が産まれたら想像以上の出費になります。
住宅ローンが家計を圧迫しなければ良いですが、、、
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/17 19:13:17
海外との物価レベルの差も開いていますし、今後はインフレが普通になりますから、金利水準も少なくとも2~3%程度は普通になると思います。

金融機関の人は、より多額を融資でき(当面の返済額が小さいため)またリスクを顧客に押しつけられる変動金利を勧める事が多いと思います。

現在の変動金利の0.5%とかいうのは明らかに異常ですし、金融機関も利益が得られない水準で、将来の金利上昇局面で利益を得ようとしていると思います。

専門家と称するYouTuberが15年にわたって金利が1%程度から上がらない、あり得ない想定で、変動の方が良いと勧めている動画が結構ありますが、おそらく金融機関側に立ったポジショントークです。

今後20年以上、現在の1%程度の金利が奇跡的に続く可能性が絶対無いとは言わないですが、金利が上がったときのリスクを考えれば固定の方が良いです。

逆に今後20年以上、今の低金利が続くと言うことは、不景気がバブル崩壊以降50年続くって言うことでそん時は日本の経済終わってんじゃ無いって気もします。

どうしても変動にすると言うことであれば、相当の金額を繰り上げ返済出来る資産があるか、返済額が増えても余裕だという人になると思います。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/2/17 14:02:50
金利がこの先どうなるかは誰にも分かりません。
ですので金利上限が怖いなら最初からフラット35で借りましょう、多少金利が高くなっても対応出来るなら変動で借りましょう。
  • 参考になる:0
  • ありがとう:1
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

3 件中、1~3件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード
JavaScript license information