IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q賃貸か一戸建てどちらがよいか(地方で暮らす前提)

一般論として、一戸建てはローンさえ支払い終えてしまえば、資産にもなるし、老後に家がなくなる心配はないから、賃貸よりもいいという話を目にします。

しかし、一戸建てはローンを支払い終えても、資産を所有する限り、固定資産税と都市計画税を払い続けなくてはなりません。
また、50年も住んでしまえば家屋の資産価値はないに等しいと思います。(土地の資産価値は残存するが、売る際には家屋の解体料が発生)

仮に30歳で土地+家屋 4000万の一戸建てをローンで購入した場合

かかる費用 約4500万ほど
税金 平均 15万×50年=750万
家屋の修繕費や自分が死亡した後の税の支払いは今回は考えないこととすると

トータル5250万円が必要となります。
実際には、自分が死んだ後にその土地に誰も住まないのであれば、維持費がかかり続けます。

また、同価格帯のマンションは管理費と修繕積立費が毎月別途2万円ほど発生するので論外です。

上記を例にして考えると

地方なら賃貸の物件で1LDK、比較的清潔な家賃7万から8万程度の物件は多くあります。

仮に30歳から家賃8万の物件で暮らすとすると

家賃 96万×50年=4800万円
多く見積もり10回引っ越すとしても
10万×10=100万
物件に対する税金はなし。
自分が死んだ後の維持費を考える必要もなし

トータル4900万円

となり50年ベースで見ると若干ですが、賃貸の方が安く済みます。

勿論、持ち家の方が広いし、おしゃれにしようと思えば、思い通りにできるので全体的な視点で考えば持ち家にはメリットが十分あると思います。

ただ、1番ネックになるのが持っているだけでお金が発生するということではないでしょうか。
自分の家なら買い切ってしまえば、お金はかからないと思っていたのですが、固定資産税と都市計画税の存在を知り、これでは賃貸と変わらないのではないか?という疑問というか不信感が生じて質問させていただきました。

皆さんはどう思われますか?
質問日時:2021/8/15 13:08:33解決済み解決日時:2021/8/16 12:32:15
回答数:9閲覧数:388
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2021/8/16 12:32:15
独身のまま1LDKでずっと暮らすなら賃貸のままで良いと思いますが結婚して子供が出来ると1LDKではしんどいです、その時はどうしますか?

1LDKですし詰め状態で暮らすのなら賃貸のまま良いと思います。
ただ広い賃貸に引越しする場合は多くお金がかかります。
1LDKが8万円の地域なら3LDKなら家賃は13万円ほどでしょう。
例えば結婚当初5年間1LDK、96×5=480万円
5年後に子供二人いて3LDKに引越し、子供が独立する25年間住むとすると、156×25=3900万円
子供が独立後1LDKに引越しして残り20年、96×20=1920万円
全て足すと6300万円になります。
それ以外に2年に一回更新料が必要です、10万円としたら50年で250万円。
それも足すと6550万円です、途中何度か引越しすればする度に引越し代がかかります、どう思いますか?

ナイス:1 この回答が不快なら

 

回答

8件中、1~8件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2021/8/15 21:49:33
マンションは、10年あまりで配管設備などが劣化します。
また、更新料も取られます。

古いと雨漏りもしますし、上階で火災があると下階は水浸し。

メンテナンスも資金不足だと劣化のままです。

5~10年毎に新築マンションに引っ越すのがマンション暮らしの常識です。

ケチケチ生活がしたいなら、公営住宅で暮らせばいいのでは?

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 19:15:25
先ず、地方で一戸建てを購入し、ローンを支払い終えたら資産になると言うのは間違いです。基本的に建物の価値は25年で0になり土地も地方は安くなる傾向です。

あと、修繕費含めないとおっしゃいますが修繕費は無視できないと思いますよ。私は亡くなった祖母の一戸建てを20代の時に譲り受け、リホームして住んでますがその時築20数年でしたがリホームに500万かかりました。

思い通りにできると言いますがそれもお金かかりますよね。それなら思い通りの賃貸に都度引越す方が遥かに安上がりでしょう。

また、老後に家が無くなるのをやたら心配する人多いですが、そんなことはまずありません。確かに年寄りが入居したら家で死んで告示事項とかで面倒とかはあるかも知れませんが、 日本は人口が減り続けており、現時点で8-9軒に1軒は空き家になっていて、今後も空き家がどんどん増えていくので、家が余ってるから安くでいいから借りてくれ、買ってくれと言う方向に長期的にはなります。

私自身、父が亡くなったら父のマンションも相続するし、親戚の独身子なしおばさんの別荘も多分私に回ってくるので、不動産は絶対に買いません。ましてやローンを組んでまで無理して日本で不動産を買うって、かなりコスパが悪いと言うことは理解した上で、それでも欲しいなら買ったらいいですが、コスパを計算して悩むくらいのモチベーションなら、買わない方がほぼ間違いなく経済的ですよ。

ナイス:3 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 16:06:26
寿命&大病を患わないなど分からないので、自分なりの判断をすべき案件ね

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 15:39:05
建物の価値は25年で0ですよ
50年も住もうとすると多額のリホーム代がかかります
新築で建てても10年辺りからリホームが始まり
25年辺りで建て直しか?大リホームの選択時期になるのです

私の周りに10~15年程住んで後は売りに出された方が何人かいます。
30坪程度の家で2000万近く建物の建築費を支払い
売るときは土地代に2~300万の建物代と言う感じです
15年で2000万無くなると1カ月11万程度
アパートでも3LDKに住めばその位もしくはそれ以上掛かります

後は個人の感覚かな

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 14:44:07
先ず、賃貸暮らしで気になるのは、年金生活になる老後も家賃の支払いが続くことです。
たいていの場合は生活費と住居費のすべてを年金でまかなうのが難しいので、退職までに貯蓄しておく必要があります。
次に、一家の稼ぎ手に万一の事態があったときのリスクです。
持ち家であれば住宅ローンの支払いは「団体信用生命保険」で残債が「ゼロ」になりますが、賃貸だと家賃が払えず「引越しを余儀なくされる」可能性も高いです。
そのため「一生賃貸」を選択する場合は、生命保険の加入や、日ごろからの貯蓄などでリスクを軽減するための備えが必要になります。
また、他の回答にもあるが、高齢者の場合、貸し渋りが起こるケースが多い。
これは居住者が孤独死して事故物件になるリスクや、認知症になった場合の隣人トラブルを貸し主が懸念してのことです。
強制でなくても、更新時に間接的に退去をお願いされることもあり、仲介業者や貸し主によっては、年齢や保証人がいないことを理由に契約更新のできない定期借家契約を条件とすることも起こり得ます。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 14:21:45
賃貸の住宅性能は低いので、戸建てでしっかり断熱性能や気密性を高めれば非常に快適に暮らせます。一度きりの人生なので、快適に暮らしたいです。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 13:22:04
確かに税金はかかりますし修繕も自分でやる必要あります
でも老後に賃貸1人暮らしだとまず貸してくれない場合がありますので、ホームレスのリスクはありますね
個人的には家は資産価値なくなりますけど土地は無くなりませんので、いい土地に安い家(ローコスト系)を建てるのがいい気がします

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/8/15 13:18:21
同じところにずっと住むのであれば、間違いなく購入した方が金銭的には特になります。賃貸の場合は同じ固定資産税等を大家が支払っても尚、大家に利益が出る仕組みです。

但し、人生でずっと同じ所に住み続けられるかどうか、先のことを正確に予知できる人はいません。
仮に途中で引っ越ししたい事情が発生した場合は、購入していた場合に損が出ることも十分にあり得ます。

ナイス:0 この回答が不快なら

8件中、1~8件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード