IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q工事の苦情について

令和3年7月頃にマンション付近で歩道の道路改築工事をしていました。
工事内容としては歩道内の舗装のやりかえや電気管路の掘削(掘削深71cm程度)です。
月日は経ち、令和4年の5月頃になってマンションのオーナーさんから2階と6階の玄関の扉の締まりが悪くなった。当時の工事が原因じゃないのか。との苦情が来ました。
本日現地でオーナーさんと話したところ、扉の締まりが悪くなったのは令和3年12月頃からとのことで、こちらとしては施工時期と乖離がある点と掘削底から45°で上げたところが施工の影響幅であり、マンションは影響範囲に入っていないということを説明しましたが、納得してもらえませんでした。
しきりに、工事の影響で地盤沈下したんじゃないのか。それが原因で起きたことじゃないのか。というので後日、工事後に測った高さを元に現況の道路高さを測り比較することにしました(付近は地盤沈下の変状も見られませんし、71cm程度の掘削で沈下するはずがありませんが...)
また、話の中でマンションが杭基礎である点や建築年数も古いという点が分かりました。
それらも踏まえ100%経年劣化が原因によるものだと私は思うのですが、皆様はどう思いますか?
私は扉に関する知識がないのですが、扉の締まりが悪くなる原因としてはどのようなことが考えられるでしょうか。
また、工事が起因したものではないという説明資料として他に準備しておいた方がいいものや整理しておいた方がいいこと等ありますでしょうか。
ご教授ください。
質問日時:2022/5/27 01:11:51解決済み解決日時:2022/6/3 22:44:45
回答数:3閲覧数:131
お礼: 25枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2022/6/3 22:44:45
失礼ながら、貴方も工事監督員であれば、明確に否定できないのは知識と経験不足ですね。
そもそも、前面歩道の71cm程度の掘削でマンションの玄関扉の閉まりが悪くなる事は100%ありません。
「工事が起因したものではないという説明資料」など準備出来るはずもないと思います。
玄関扉の枠は、スチール製で変形すれば建物自体が傾いている事になります。
考えられる原因は、玄関枠か扉が錆て膨らみ閉まりが悪くなったのではと考えます。(経年劣化)
地盤沈下沈下と主張するなら、そもそも建物が欠陥です(そんなわけありませんが)地震の時は崩壊しますよ!
工事の時期と現象(締まりが悪い)が、たまたま近かっただけのクレーム(言いがかり)です、工事が原因と主張するのであれば相手方が貴方が行った工事が原因であるとの説明責任(証拠)はそのオーナーにあります。
相手が納得しなければ、最終的には訴訟での解決しかありません。
税金を使う(補償)ならそれなりの覚悟を持って臨んで下さい。

ナイス:0 この回答が不快なら

 

回答

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2022/5/27 07:10:30
こちらは事実を伝えるだけです、納得出来ないのなら裁判でも起こして下さいというスタンスで良いかと。
立証責任はこちらではなく相手側にあります。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2022/5/27 01:31:07
質問者様は誰(どういう立場?)ですか。
オーナーさんとは誰ですか。(二部屋持っている?)
1棟丸ごと大家さん?

ナイス:1 この回答が不快なら

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード