教えて!住まいの先生

Q 中古マンションを購入しました。 設備表 浴室設備に追焚きありとなっていましたが、実際は給湯のみです。

入居後、無いことに気付き、仲介業者に問合せをしましたが、仲介業者は把握できておらず謝罪されました。こちらも仕方がないと諦めました。
半年経過後、設備表を確認の上、再度仲介業者に問い合わせ、売主に話しをしてもらいましたが、給湯でお湯を足せることが追焚き、それが一般的でないのであれば記載誤りとの返答でした。
現状、仲介業者に追焚きできる器具への交換見積を出してもらっています。
設備表が事実と違うことに対し裁判の上、売主に費用請求できる内容でしょうか?
質問日時: 2024/4/27 20:29:00 解決済み 解決日時: 2024/4/29 21:12:10
回答数: 3 閲覧数: 209 お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時: 2024/4/29 21:12:10
こんにちは。都内で不動産経営(大家業)をしている者です。

1)私は自分のオール電化マンションを売却する際に、全く同じ「追い炊き機能」の有無を仲介業者が売契の設備表に誤って記載していたことがありました。たまたま、私は契約締結前に気付いたので訂正できたのですが、オール電化のエコキュートには、厳密には浴槽の残り湯を循環させて追い炊きする機能がなく、厳密には質問者のおっしゃっている「足し湯」機能になるので、まったく別の機能ですが、不動産屋の担当者などは築浅のある程度のクラスのマンションなら「追い炊き機能」は当たり前と考えて、誤記してしまうことがあるようです。

2)売契や重説、設備表などを確認するのは売主の善管注意義務でもあるので、設備表に記載された内容については、買主が契約不適合責任の追完請求をすると、➀給湯器の交換、②売買価格の減額あるいは損害賠償などの対応を迫られる可能性があるかと思います。確認を怠った不動産会社にも売主と一部負担を共有してもらうという考え方もあるかと。

★ただ、不動産屋や売主によってはのらりくらり対応を引き延ばしたりすることも考えられ、弁護士を立ててて追完請求すると時間もコストもかかりますので、そのような強硬手段にでるかどうかは悩ましい判断かと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時: 2024/4/29 21:12:10

色々とご教示いただきありがとうございます。
いただいた内容参考にやり取り進めようと思います。

回答

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時: 2024/4/28 07:11:14
>仲介業者に追焚きできる器具への交換見積を出してもらっています。

マンションの構造や給湯器の設置場所にもよりますが新規に給湯器〜浴槽へ配管を持っていけないケースが多い
躯体への穴あけが必要になるので無理なケースがほとんどです。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

A 回答日時: 2024/4/27 22:42:37
裁判すれば勝てます。
値引きでの和解勧告になるとは思います。
追い焚き機能を実現するには、
湯を戻す配管が必要だし、浴槽の給湯口も交換なので、
費用面と物理的な実現性を考慮する必要があります。
  • 参考になる:1
  • ありがとう:0
  • 感動した:0
  • 面白い:0

この質問が不快なら

2 件中、1~2件を表示

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

売る

家を売りたい!と思ったら

不動産会社に無料で査定依頼ができます。

知る

Yahoo!不動産マンションカタログ

マンションのスペック情報だけではなく、住んでいるからこそわかる、クチコミ情報を提供しています。
たくさんのマンションの中から、失敗のない「理想の住み替え先」がきっと見つかります。

JavaScript license information